株式会社信用樹

株式会社信用樹
株式会社信用樹 株式会社信用樹 株式会社信用樹 株式会社信用樹

ホーム > 信用樹ができるまで > 修正挽き

修正挽き


製品化直前に指定(仕上がり)寸法より約5mm大きく修正挽きします。

指定寸法3000×120×120(mm)の柱なら3000×125×125に、指定寸法3000×300×120(mm)の梁なら3000×305×125に修正挽きするわけです。

これは通常避けることが難しい表面割れを可能な限り取り除く意味でもとても重要な工程になります。

そして、ここで同時に熟練職人が一本一本目視検査を行い、割れや節の入り方をチェックし、等級を決めて行きます。

製造ラインの自動化が進んだ今でも、品質検査はやはり人の目による目視検査を重視し、合格した材料のみ最終仕上げに入ります。

信用樹へのお問い合わせ・資料請求はこちら

ページトップへ戻る

Copyright(C) 2017 All rights reserved.
信用樹ドットコム土地の値引き交渉と家づくりサポート
サイト内の記事・写真等、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を一切禁じます