株式会社信用樹

株式会社信用樹
株式会社信用樹 株式会社信用樹 株式会社信用樹 株式会社信用樹

ホーム > 今、なぜ信用樹なのか? > ご用意できる構造材

ご用意できる構造材


信用樹はすべて国産(主に東京・埼玉県産、もしくは関東産)の木材で構造材をオーダーメードしています。

以下は信用樹でお作りすることができる樹種の特徴と主な用途です。

構造材

樹種 桧「ヒノキ」
特徴 一年間に作られる細胞の形に変化が少なく、年輪はあまりはっきりとはしていません。辺材は淡い黄白色、心材は淡黄褐色ないし淡紅色です。このあたりが、白色の木材が好まれる神社仏閣に用いられる理由でもあります。木理は通直で均質、肌目は精で、狂いが少なく、加工性も良く、表面を上手に仕上げると特有の光沢を出すことができます。また、特有の芳香があることも、材料としての価値を高めています。耐湿、耐水性が良く、保存性も高いので、心材(赤身)は高級住宅の土台として用いられています。
用途 寺社仏閣をはじめ高級建築材として用いられ、土台、柱、梁、造作材、端柄材、内装材、建具材、家具材、曲物材、風呂桶用材など、幅広く用いられています。
樹種 杉「スギ」
特徴 辺材と心材の色の差は明らかで、辺材は白色、心材は淡紅色(アカジン)から濃赤褐色までかなり幅があり、ときには黒褐色のものもあります。黒褐色のものはクロジンと呼ばれ、あまり美しいとは言えないために、低く評価されています。しかし、最近シロアリに対して、忌避効果が期待できることがわかってきました。木理は鮮明で通直、年輪ははっきりしており、肌目は粗く、心材の保存性は中庸です。特有の芳香があり、材はやや軽軟で、比較的狂いは少なく、切削などの加工は容易です。耐水性にはやや劣り、木目に沿って縦に割れやすいという性質があります。
用途 柱、梁、桁、造作材、端柄材、内装材、建具材など幅広く用いられています。
樹種 黒松・赤松「クロマツ・アカマツ」
特徴 クロマツ、アカマツともに、マツ類の中では重硬です。春から夏にかけて作られる細胞の形が大きく違うために、年輪ははっきりしています。クロマツは、樹皮は黒褐色で、辺材、心材の境界は不明瞭、辺材は淡い黄白色、心材は淡い褐色です。アカマツに比べ、幹が曲がったものが多く、枝は太く、樹脂分も多いのが特徴です。中には、大きな生節や脂壷が現われるものもあります。水湿にはよく耐えますが、表面仕上げはあまり良くありません。一方、アカマツの樹皮は亀甲状にはげやすく赤褐色。辺材、心材の境界はやや不明瞭で、辺材は淡い黄白色、心材は黄色を帯びた淡褐色です。木理は鮮明、木質は密で、堅さは中くらいです。加工は容易で、狂いはややあるものの、水湿に強く、耐久性に富んでいます。ただ、細胞間道(樹脂道)を持っているために、材面に“ヤニ”が滲み出てくることが多く、見える場所に使用する際には“ヤニ”抜きをしなければなりません。特に、未乾燥材は青変菌によって、青ないし黒色に変色することが多いので、伐採後すぐに乾燥する必要があります。一般には良質の原木を手に入れにくいことや、変色したりすることがあるので、どちらかと言えば、表面に出てこない構造用として用いられています。
用途 柱、梁、桁、造作材他、主として敷居、床板など
樹種 唐松「カラマツ」
特徴 辺材は黄白色、心材は褐色、若い間は比較的淡色で、大木になると濃色になります。材に節が出ることが多く、脂壷などのキズが現われることがあります。針葉樹の中では重硬で、耐久性、耐湿性に優れてはいますが、割れやすいという欠点があり、取り扱いにくい木材です。心材の保存性は中庸、そして切削などの加工性も中庸、仕上げ面は粗く、脂気は多いのですが、年数を経ると樹脂が染み出て木肌が赤味がかり、風格のある美しさをたたえるようになります。木理は、一般に通直でないことが多く、春から夏にかけて作られる細胞の形の違いが大きいために、年輪がはっきりとわかり、肌目は粗くなります。ヤニっぽい臭いがあるのが特徴で、軸方向に細胞間道(樹脂道)をもっているために、“ヤニ”が材面に滲み出てくることがあります。特に、若い造林木からの木材は乾燥の際、割れや狂いが出やすく、利用する上で大きな問題となっていて、現在多くの研究機関がその解決に努めています。ただ、老齢になって成長が遅くなったカラマツは“天カラ”と呼ばれ、造林した若齢木とは対照的に高く評価され、銘木として高い値段で取引されています。
用途 土台、梁、桁、内装材、家具など
樹種 栗「クリ」
特徴 辺材は狭く、やや褐色を帯びた灰白色、心材は褐色で、両者の差ははっきりとしています。材はタンニンを多く含み、年数が経つと徐々に濃くなり、栗色から黒褐色に変化します。年輪の境界に大きな道管が帯状に配列していて、環状になっているので、年輪ははっきりとしています。クリの道管は日本の広葉樹の中ではもっとも大きい部類に入り、このため肌目の粗い木材となっています。材は重硬で強く、弾力に富み、水湿によく耐え、材の保存性は極めて高く、国産材中最高と言えるでしょう。昔から住宅に用いると非常に丈夫なものができることが知られており、土台にはこのクリがよく用いられてきていました。ただ残念ながら、最近ではほとんど見られなくなりました。切削などの加工は難しく、釘打ちなどで割れてしまうこともあります。表面の仕上がりは中庸です。
用途 土台、家具材、装飾材
樹種 欅「ケヤキ」
特徴 辺材と心材の区分は明瞭で、辺材は帯黄白色あるいは淡黄褐色、心材は黄褐色あるいは赤褐色です。年輪は明瞭、材はやや重硬で、耐湿、耐久性に優れています。一方、狂いやあばれが落ち着くまでには、かなりの乾燥時間が必要です。年輪の境に大きな道管が環状に配列しているため肌目が粗く、成長が良いと年輪幅が広く、比重が高く、重硬になり、木材の表面は光沢を持つようになりますが、成長が悪いとちょうどその逆で、木材は軽軟になり、光沢も少なくなります。大径になったケヤキには、こぶがあったりするため、繊維の配列が不規則になり、いろいろな形の“もく”が現れます。美しい“もく”があると、その化粧的価値が高くなり、高価になります。心材は保存性が高く、切削その他の加工性は中庸です。曲木になる性質をもつのも特徴です。
用途 国産材広葉樹中、第一の良材として、古くから柱、造作材、建具材、装飾材、家具材として幅広く用いられています。特に、寺社仏閣に重用されたり、農家の大黒柱としても用いられています。

構造材以外

樹種 椹「サワラ」
特徴 辺材と心材の区分は明瞭で、辺材は白色、心材はくすんだ黄褐色ないし紅色を帯びた黄褐色です。年輪はややわかる程度で、木理は通直、肌目は精で、軽軟な木材です。桧に比べれば疎で、光沢、香気ともにありません。また、風呂桶等に使用されていますが、どちらかと言えば普及品です。保存性は中庸で、水湿によく耐え、加工は容易です。特に、割りやすいことが、桶などに使用される理由でしょう。ただ、切削などの加工が容易なだけに、割れやすいという欠点を持っています。
用途 造作材、内装材、建具材、台所用品や風呂桶、障子や襖の組子材など
樹種 樅「モミ」
特徴 心材、辺材ともにほとんど白色で、年輪内の細胞の形に大きな違いがあり、そのため年輪がはっきりしていて、肌目は粗くなっています。木理は概ね通直で、軽くて柔らかく、加工しやすい木材です。その他、ヤニ壷、入皮、“あて”などの欠点が出やすく、大きな節があります。材の保存性は低く、比較的狂いが生じやすいという欠点を持っています。これまでも身のまわりにある種々の品物に用いられてきましたが、特にほとんど臭いがないことから、食品に接するものなどにも多く用いられています。また、白木が神聖な感じを与えるということで、冠婚葬祭に関連した道具用にもよく使われています。しかし、近年モミ類の蓄積が減り、ほとんどが北米産あるいはロシア産の同類の木材によって代替されているのが現状です。
用途 造作材、端柄材、内装材、建具材他、少し前までは、家具の芯材や引出し材としても多く使われていました。
樹種 銀杏「イチョウ」
特徴 辺材と心材の区別は不明で、全体にやや黄色味を帯びた白色淡黄色をしています。早材(春目)と晩材(秋目)の差が明らかでないので、年輪はあまりはっきりとはしていません。均質で、肌目は精、木理は通直です。硬さは中庸で、緻密で美しく、加工しやすく、狂いも少ない、仕上がりの良い木材です。
用途 天井板、まな板など
樹種 白樫「シラカシ」
特徴 心材と辺材の色の差はほとんどありません。材色は薄く、淡い帯黄灰褐色です。年輪もあまりはっきりとはせず、肌目は粗です。虫害があると暗色の不規則な変色部分が出ることが多く、材色が薄いためによく目立ち、材の価値を下げてしまいます。カシ類の特徴的性質である広放射組織を有し、板目面には、アカガシ同様はっきりとしたゴマのような模様(カシ目)が見られます。材は国産材中極めて重硬なものの一つで、切削その他の加工は容易でなく、表面仕上げの良否は中庸、乾燥も難しい木材です。
用途 大工道具など、重硬で強靱さが必要な用途に使われています。
樹種 桜「サクラ」
特徴 心材は褐色ないし赤褐色で、不規則ながら緑色の縞が見られます。辺材は淡黄褐色ないし黄白色で、心材との差がはっきりとしています。生育中に虫害を受けやすいためか、材にはその傷跡が癒合した小さい斑点(ピスフレック)が数多く見られます。年輪はやや明らかで、肌目は精、やや重硬で、木材の保存性は高く、加工しやすい木材です。
用途 和風家具
樹種 桐「キリ」
特徴 心材は淡褐色で、辺材はそれより淡色な程度ですから、両者の差はあまりはっきりとはしていません。ときに材面がやや紫色を帯びることがあります。髄は空洞で、アクが強く、アク抜きを怠ると、年月を経るごとに徐々に黒ずんでしまいます。年輪の境界に大きい道管が帯状に配列する傾向がありますが、これもあまりはっきりとはしません。肌目はやや粗、国産材中最も軽軟で、切削などの加工は極めて容易です。湿気が通過することが少なく、割れ、狂いが少ない木材です。研磨すれば光沢を出すこと、寸度安定性の高いことが、種々の家具に用いられている理由の一つで、密閉度の高いものを作ることができます。反面、強度は劣ります。
用途 天井板、床板、家具材、建具材、そして熱伝導率が極めて低く、発火しにくいことから内部装飾材として用いられています。
樹種 桂「カツラ」
特徴 辺材、心材の境界は明瞭で、辺材は淡い緑黄色、心材は褐色です。年輪はやや明瞭、やや軽軟材で、肌目は精です。カツラは色の濃いものをヒカツラ、淡いものをアオカツラと呼んで区別することがありますが、前者のほうが良いとされています。切削などの加工は容易で、表面はよく仕上りますが、やや狂いやすく、保存性の低い木材です。
用途 造作材、装飾材、家具材、特に引き出しの側板としては定評があります。

信用樹へのお問い合わせ・資料請求はこちら

ページトップへ戻る

Copyright(C) 2017 All rights reserved.
信用樹ドットコム土地の値引き交渉と家づくりサポート
サイト内の記事・写真等、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を一切禁じます